テーマ:音楽

ヴィヴァルディ協奏曲集「四季」作品8について、(1)。

『ヴィヴァルディ協奏曲集「四季」作品8の、 協奏曲集第3番、ト単調、RV315「夏」、 3、Presto(激しい夏のテンポで)』は、 『「雷鳴がとどろき、居まず間が走り、あられを降らせながら、麦の穂を荒らしてゆく」 40小節にもおよぶ長大なトレモロからはじまり、嵐の情景を劇的に描出した、たいへん迫力のある楽章だ。』と、 志鳥栄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人気連載漫画『王家の紋章』の、私的楽しみ方。」について

「人気連載漫画『王家の紋章』の、私的楽しみ方。」について、 「王家の紋章」の為に作曲された曲は、全曲CD化されているのですが。 (株)ポニーキャニオン発売、音楽/馬飼野 康二氏の『王家の紋章 ベスト・コレクション』は、 廃番になり、音楽配信のみになっているようですね。 自分で聴く『「王家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人気連載漫画『王家の紋章』の、私的楽しみ方。」について

「人気連載漫画『王家の紋章』の、私的楽しみ方。」について、 (株)ポニーキャニオンから発売の音楽、馬飼野 康二氏が担当、『王家の紋章』の Part2、について。 音楽で、『王家の紋章』に浸りたいと考えている、王家の紋章ファンの人には参考にしてほしいと思っていますし、 新しく、『王家の紋章』のファンに成られた方に、お知らせしたいとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人気連載漫画『王家の紋章』の、私的楽しみ方。」について

「人気連載漫画『王家の紋章』の、私的楽しみ方。」について 馬飼野 康二氏が『王家の紋章』のラジオドラマ音楽を担当した、CDは、Part1・ Part2・ベストコレクションの、3枚が、(株)ポニーキャニオンから発売されました。 Part1のトラック3,5,9,12は、放送されたドラマが収録されています。 王家の紋章(1)ポニーキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クラッシク楽曲『ラ・カンパネッラ』って、、。」について

「クラッシク楽曲『ラ・カンパネッラ』って、、。」について, ニコロ・パガニーニ版の『ラ・カンパネッラ』が、 ヴァイオリン;石川 静さん、ピアノ;ヨゼフ・プラネスさんの演奏で、 CDになっていたので聞いてみました。 ニコロ・パガニーニ版の『ラ・カンパネッラ』なので、主旋律はヴァイオリンですが、 ピアノと主旋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が家の、マイケル・ ジャクソン ファンは御歳85歳。

昨日遅ればせながら、マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」のBDビデオを、 私が購入して本人に渡しました。 我が家の、マイケル・ジャクソンのファンは、御歳85歳でございますので、 少し心臓に問題が有って、映画館には行けなかったものですから、 自分で音量などを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人気連載漫画『王家の紋章』の、私的楽しみ方。」について

「人気連載漫画『王家の紋章』の、私的楽しみ方。」について、 『王家の紋章』のイラスト・ストーリー・ビデオのオリジナルサウンドトラック、 音楽;久石 譲氏の、(王家の紋章・メインテーマ)は、 フィギアスケートの伊藤 みどりさんが、銀メダルを獲得した時の音楽に使われたことは、 『王家の紋章』ファンならすでにご存じでしょう。{%顔モジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人気連載漫画『王家の紋章』の、私的楽しみ方。

『王家の紋章』の為に作曲された曲の総動員と、 他に、『王家の紋章』にふさわしいクラッシク楽曲を自分で選んで編集して、 車の運転中とか、行列に並んでいる時携帯音楽プレーヤーで聴いて、 『王家の紋章』の世界に浸って楽しんでいます。 (株)秋田書店出版の原作/細川知栄子氏『王家の紋章』のコミックスは 全部購入して持っていますが、 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

映画「スターウォーズ」と「スーパーマン」のオープニングの曲が似ている訳。

すでにご存じの人は多いと思ってもいるのですが、クイズマニアやハリウッド映画ファンでなければ知らないかもしれないので(私を取り巻く人々は、誰も知らなかったのです)、、、、。ジョン・ウイリアムスと言う同一の作曲家が、映画「スターウォーズ」と「スーパーマン」のオリジナル・サウンドトラックを作曲したのです。同じ作曲家が作曲したものでなければ、著…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラッシク楽曲『ラ・カンパネッラ』って、、。

1、リストのピアノ楽曲、演奏にウルトラテクニックを要する『ラ・カンパネッラ』有名どころで、フジコヘミングと言う名前のピアニストが演奏していました。 2、ニコロ・パガニーニ作曲のヴァイオリン協奏曲 第二番 ロ短調 作品7《ラ・カンパネッラ》第三楽章、こちらはオーケストラ演奏がCDになっています、この演奏にもヴァイオリンのウルトラテクニッ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more