母親失った双子の赤ちゃんライオン、乱開発の被害者 ケニア




ケニア・ナイロビ(Nairobi)のケニア野生動物公社(Kenya Wildlife Services、KWS)本部で、生後2か月の赤ちゃんライオン2匹がで保護されている。野生保護区レンジャーがナイロビ郊外のカレン(Karen)地区で2匹の母親に遭遇し、襲われる危険があったため母ライオンを射殺した。
環境保護活動家らは、開発が持続可能な方法で行われなければ、こうした野生動物と人間との予期せぬ遭遇が増加するだろうと警告している(2012年6月7日撮影)。(c)AFP/ SIMON MAINA



この仔達と、この仔達の母親は、
なんら、落ち度は無かったですよね、
ただ、生きていただけなのに、
人間の都合で殺されたなんて。
人間って、傲慢ですよね。




アフリカン雑貨 【ケニアソープストーンアニマル】 ライオンさん小
エレファントスマイル
    店長おススメのポイント♪         ケニアのソープストーンアニマル。ソープストーン(滑

楽天市場 by アフリカン雑貨 【ケニアソープストーンアニマル】 ライオンさん小 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ネオケニア ライオン ストラップ 【Brough Superior/ブラフシューペリア】
オルガンファン
アフリカ・ケニアの奥地からやってきたライオンのストラップです。木彫りのあたたかみのある質感が特徴的。

楽天市場 by ネオケニア ライオン ストラップ 【Brough Superior/ブラフシューペリア】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

サファリへ行こう 東アフリカのサバンナ実践ガイド
ジェイティビィパブリッシング
ヒサ クニヒコ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サファリへ行こう 東アフリカのサバンナ実践ガイド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック